人気ブログランキング |
ブログトップ

エビとプラネタリウム

ebitonikki.exblog.jp

エビとか毎日のことなど色々

昨日の朝、普段つけないテレビをつけたら3チャンでお話の国かなんかがやっていた。
むかしっから、これはとても好きな番組で。
小さいころ本を読んでくれる人がいない夕方なんかは結構楽しみにしていた。
ルドルフとイッパイアッテナとか、自分の体から離れちゃった先生の話とか、実際に自分で読むきっかけになった本が非常に多いのだ。
で、昨日の朝もつけたらやっていて、朗読してる人がつるの剛士さんだったのだよ。少し気になったから見てみる。
その話は、カラスに育てられたノラ犬の話で、一言も鳴かない犬の話だった。
鳴くといじめられるから鳴かないで強くなって、ボスになって…(いろんな意味で最近の私らに足らないガッツというものを感じた)。
まぁ、結局人間に追いつめられるんですわ。
そん時に、群れの中にいた自分と同じように鳴かない足が不自由な犬が逃げ遅れて、それを助けてやるためについに鳴くんですよ。
ここまでで私は化粧したばっかなのに結構ウルウルしていたんだけど、次の瞬間…。

「カァー」

なんとも素敵なカラスの声が響いて、びっくりして涙が引っ込んだ。
あぁ、そういうことか。
カラスに育てられたから犬の鳴き方を知らなかったのよね。
それで、みんな目を丸くしてその犬が群れから出てくときに助けてやった犬が出てきてさ

「ニャー」

なんて鳴くもんだから、思わず笑った。
何処の世界でも毛色の変わったやつはいじめられるんだよなぁって思って、それから世の中ってなぁと思った朝でした。
今だから読んだほうがいい絵本って結構あるかもね。
後、子供にはお母さんの声で読み聞かせをしたほうが賢くなる傾向があるんだってさ。
果たして本当に賢くなったのかどうかは後10年くらいしないとわからないけど、読んでもらうのはいいものだなと未だに思います。


今の一曲
スピッツ「ホタル」
この曲を初台から新宿方面を眺めてきくと遠くの時計台とマッチしてよいです。
絵本で思い出しましたが、家に帰ったら11匹のねこシリーズがなくなっていて凹みました。
それ以降大事な絵本はこの家で死守しています。個人的には島田ゆかさんの絵本が可愛くて面白くて好きです。グッツはあるショップで買えます(巨大なぬいぐるみをいつか買おうと思っていつも通り過ぎます)。

追記
絵本のタイトル調べたら「ジロが鳴く」というらしい。
by ebi-planetarium | 2007-11-28 19:12 | 趣味